idea+l

idea:[思想]心に思い浮かべること、考えること。

ideal:[理想]心に描き続けるそれ以上望むことのない
      完全なもの。欲しいと思う完全な状態。

7月 25

最近のホテルの不祥事なんかを見ると思い出すガキの頃の出来事。

当時は景気も良くて、月一ぐらいの頻度で家族で通うステーキ屋があった。
ある日、いつものように食事していると、いつものように給仕長が
挨拶に来て「お味はいかがでしょうか?」と聞いた。
オヤジとかは普通に返してたんだけど、俺はボソッと
「いつもよりちょっとかたいかも」って言っちゃったんだよね。
そしたらいつも笑顔の給仕長の顔からすっと表情が消えて、
「ちょっと失礼します」というと、テーブルの上の俺が食べてる
ステーキを一切れ食べちゃった。
そして、びっくりして固まってる俺ら家族に
「そのままもうしばらくお待ちいただけますか?」と言って
足早に厨房に入っていた。

よく分からないまま、なんか怒られる展開かな~とかびくびくしてたら
給仕長がシェフを連れて戻ってきて
「申し訳ありませんでした。確認したところ本来冷凍庫で4週間
 熟成させた肉をお客様にお出ししなければいけないのですが
 厨房の手違いで、昨日入荷した新しいものを提供してしまいました。
 ただ今、熟成させたものを調理しておりますので、出来上がるまで
 お待ちいただけますか?」
と頭を下げられて、フルーツやジュースを持ってきてくれた。

その間も給仕長は各テーブルまわって頭を下げて、
「本日の御代は結構です、またこれを使ってまたお越しください」
と一人1万円ぐらいのコース用の食事券手渡してた。
うちも帰り際、食事券いただいた上に、俺だけは次から
デザートがついてくるようになったw

正~直、自分も含めて店内の客は誰も肉の違いなんて
分からなかったと思う。
なにより、ガキの一言を真摯に受け止めて確認する姿に
衝撃を受けた。

今、ぜんぜん分野の違うものづくり系の仕事してるけど
変に妥協できない姿勢はこの辺が結構影響してると思うw

ちなみに、お店のほうは数年後、オーナーが代替わりして
コスト削減に舵を切ったとたん、給仕長をはじめ
主だったスタッフさんがみんな退職されて
安物のロイホみたいになった挙句すぐに潰れたのも衝撃だった。

お味はいかがでしょうか?:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd (via syuta)

作者の主題からは逸れるけど。こうして良い店はどんどん消えてゆく。利益追求主義は消費活動の質をどんどんどん悪化させ、人の心を貧しくしてきた。寂しい。

(via no-item-retrieved)

(gump1989から)


““学習院大学経済学部教授の鈴木亘先生と、年金についてお話しました。

現状、20代、30代の人は、払い込んだ年金のうち6割ほどしか貰えません。

若いうちから貯金しとけばいいと言われても、不況やらリストラやらです。
金融広報中央委員会によると、20~29歳の若者の4割は貯蓄残高が0円です。

サラリーマンや公務員などの場合は、年金は給料から自動的に引かれるので、年金を払わないという選択肢は無いです。

ちなみに、現在60代以上の人は、払い込んだ年金の額の6倍ぐらいもらえるそうです。

ついでに言うと、日本全体の金融資産の6割は、60歳以上の人が保有しています。
ちなみに、8割の金融資産は、50代以上が所有しています。

39歳以下の人が所有している金融資産は、6%です。

貧乏な若者が、裕福な高齢者に貢ぐという構造になっているわけですね。


アメリカの自動車会社のGMも、引退した世代に払う金額が高すぎて、潰れてしまいました。
日本でもJALは、引退した世代に払う金額が大きいので破綻しました。

働いてる世代の給料を減らして、既得権益を持つ働いてない世代にお金を回すというのは、よく見かける光景ですが、民間の場合は、その会社が潰れたりしてバランスを取ることが出来ます。

その会社が潰れるだけなので、社会的な影響はそれほど大きくならないですしね。

ただ、国家の場合は破綻というのはかなり難しいです。

国家が破綻してしまった場合は、日本人全てが困ってしまうので、なかなか破綻させることは出来ないわけです。

若者世代から見ると、「これ、おかしくね?」という感想を持つと思います。

ただ、若者はお金を持ってないので、政治献金も出来ないし、働いていて忙しいので投票に行く暇もなかったりと、政治的な影響力は小さいので、政治家に期待するのは難しそうです。

そうすると、働いている若者は、ひたすら我慢するしかないわけですね。

「相続税をあげればいい」とか、「金融資産税を作ればいい」とか、アイデアを出す人たちは、若者世代でもわりと多いですけど、政治的な影響力が無いので、負け犬の遠吠えでしかないです。

というわけで、不利なルールであることがわかっても、ルールを変えることが出来ないまま、損をすることが確定している若者世代のみなさんですが、「最近の若者はお金を使わない」とか、「夢の無い若者が増えている」とか、マスコミによると、不況も若者のせいらしいです。

いやぁ、ほんと世知辛いですね。



↓結論!若者は年金をもらえるの? 『鈴木亘×ひろゆき』のまとめ
http://togetter.com/li/63069

- 負けが決まってる勝負を死ぬまでやらされる若者世代。 : ひろゆき@オープンSNS (via infinity-d)
“学習院大学経済学部教授の鈴木亘先生と、年金についてお話しました。現状、20代、30代の人は、払い込んだ年金のうち6割ほどしか貰えません。若いうちから貯金しとけばいいと言われても、不況やらリストラやらです…” (via ntrs)

(gump1989から)


“ちなみに小学3年生の娘のクラスでは、「やられたらやりかえす。恩返しだ!」と言って親切にしあうのが流行ってるらしい。”

すごいいい事じゃないかwそんなボケでも優しくするのはいいと思うよ。

大森望 Ohmori Nozomiさん。

(via kikuzu)

(gump1989から)


7月 10


7月 8

izmia:

Clever Jeep Advertisement: See Whatever You Want to See - Zekice Jeep Reklamı: Ne görmek istiyorsan, onu gör. by Leo Burnett


izmia:

Lawn Hammock - Çim Hamak by Toer 


7月 2

(parsonseesから)


6月 29

ジョブズ:子どもの頃、Scientific Americanという雑誌である記事を読んだんだ。地上の様々な動物の移動効率を計測したもので、クマやチンパンジー、アナグマ、鳥や魚などが載っていた。1キロあたりの消費カロリーをヒトも含めて比較していて、1位を獲得したのはコンドルだった。万物の霊長のはずのヒトはふるわず、下から3分の1あたり。

だが誰がひらめいたのか、自転車に乗ったヒトも測ってみたら、コンドルなんて目じゃなかった。この記事に私は強い衝撃を受けたのを覚えている。人間は道具を作る動物だ。道具によって、生まれ持った能力を劇的に増幅できるんだ。アップル社の最初期には「パソコンは脳の自転車」と広告を出したことすらある。

ジョブズが1995年に語った「予言」が的中しすぎ 「Web上では小さな企業でも大企業と肩を並べることができるんだ…」 | ログミー[o_O] (via june29)

(gump1989から)



ページ 1 / 50